WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

AGA治療薬って?気になる効果と副作用

薄毛治療薬

薄毛に悩む人ならば一度は耳にしたことがあるAGA治療薬。この治療薬は世界的に使われていますが実際にどのような効果があるのでしょうか?使う前に効果や副作用などについての知識を身につけておくと安心して治療に臨めるようになります。そこで、今回はAGA治療薬の効果と副作用、実際の治療法などについて紹介していきます。

AGA治療薬とは?

AGA治療薬とは
日本を含めて世界中60ヶ国以上で承認されている薄毛療薬です。成分名は「フィナステリド」と呼ばれています。AGAと呼ばれる「男性型脱毛症」の治療薬となります。

成人男性によく見られる髪の毛が薄くなる状態のことを「男性型脱毛症」といいます。男性ホルモンに働くお薬であるため、女性は服用することができません。男性の薄毛治療においては外用剤として使われているミノキシジルがありますが、AGA治療薬は飲み薬であることが特徴です。

プロペシアの作用機序

AGAは男性ホルモンであるテストステロンが体内で「5αリダクターゼ」という還元酵素と結合し、発毛抑制作用を持つDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変化することが原因で起こります。
それに対して、AGA治療薬の成分であるフィナステリドは5αリダクターゼに働きかけることで、DHTの生成を阻害し、AGAの進行を抑える効果があります。DHTは皮脂分泌を過剰にして抜け毛の原因になるとも考えられています。フィナステリドを内服することにより、脱毛が抑えられ正常な発毛サイクルに整えることにより増毛・発毛効果が期待されます。

AGA治療薬の臨床的な位置付け

フィナステリドは、日本皮膚科学会によって策定された「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」において、男性患者に対しては推奨度Aランクであり「行うよう強く勧められる治療」に指定されています。
日本においては2005年10月に国内厚労省で認可され、2005年12月より販売を開始していらい既に10年以上にわたり臨床的に使用されているお薬です。

AGA治療薬のメリットとデメリット

AGA治療薬の効果
治療薬を服用する上ではメリットはもちろんですが、デメリットも伴います。それぞれについて良く理解して納得した上で治療を受けるようにしましょう。

AGA治療薬の効果は個人差がある?

プロペシアは飲んでから、どれくらいの確率で薄毛治療に効果が見られるものなのでしょうか?

国内で行われた20歳~50歳を対象とした臨床試験においては、AGA治療薬1mgを毎日1回、1年間使用することにより58%の改善効果が見られたという報告があります。さらに2年間の長期試験では68%、3年間では78%の改善効果が見られています。
また、同じくAGA治療薬1mgを毎日1回1年間服用することにより、40%の現状維持効果があるという結果も出ています。なお2年間では31%、3年間では20%の現状維持効果が認められました。
つまり、合算すると3年間の使用により、なんと98%もの方においてAGAの進行を抑えられたという有効性が確認されているのです。

但し、50代以上の人は若い世代と同等の効果が現れるとは限らないということを理解しておくことが大切です。また、20歳未満の場合にも有効性および安全性が確認されていないことも留意しておきましょう。

副作用はある?

AGA治療薬を服用する上で、特に気になるのは有効性に加えて安全性の面ではないでしょうか。優れた効果がある反面、お薬である以上は副作用もあることを認識しておきましょう。

実際に報告がある副作用には、主に次のような症状があります。
○肝機能障害
○蕁麻疹、かゆみなどの過敏症
○生殖器障害(勃起機能不全、精液量減少など)

副作用の頻度は低いといわれていますが、稀に起きる場合があります。服用を中止する場合も多いため、早めに気づいて対処することが大事です。

AGA治療はどこで購入できる?

基本的には、薄毛治療クリニックや皮膚科にて、医師の診断を受けた上で処方を受けることが原則です。ただし、薄毛治療は美容面における治療で生命に関わる問題ではないため、保険適応外となります。つまり全額自己負担になります。

個人輸入も可能ですが、偽物も多く出回っているのが実情です。有効成分が含まれていないものもあり、粗悪な製品では健康被害を引き起こす可能性もあるためリスクが高いといえます。
なお、銀座HSクリニックの場合、保険適用外ですがジェネリック(1ヶ月3,900円~)も取り扱っています。クリニックにより金額の設定が異なり、カウンセリング代を含めると料金が大きく変わることがあるため、じっくりと比べてみることをお勧めします。

AGA治療薬で効果が出なかった場合

AGA治療薬で効果がない場合
AGA治療薬は薄毛のタイプや、年齢、体質などにより効果に差が出ることがあります。そのため、残念ながら効果が得られないという可能性もあるのです。治療薬が効かなかったとしても決してすぐに諦めずに、専門の医師にご相談することをお勧めします。銀座HSクリニックでは次のような治療を受けることができます。

HS式ノーニードルメソセラピー

針を使わず高濃度の成長因子をはじめとした複合薬「HSリボーンカクテル」を頭皮深部まで導入する薄毛治療です。内服薬と治療を組み合わせることでより一層、発毛効果を高めます。針を使わないので痛みが苦手な人におすすめの治療で、男女問わず治療を受けられることもメリットです。

HS式自毛植毛

症状や毛の生え方、毛根の生え癖を考慮し全て手仕事で自毛を移植します。毛髪を抜く際の切断率が低く、植毛後の定着率が高い方法であり、美しく自然に仕上がります。薄毛治療の根本的な解決策として、育毛治療に限界を感じている人におすすめです。

他にも、育毛促進点滴、ダーマスタンプなどのバリエーション豊かな治療法が用意されています。どんな治療法が自分に合っているかどうかを知るためにも、まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?銀座HSクリニックであれば、あなたにとってベストな治療法をご提案します。

薄毛治療薬の関連記事

あなたにおすすめの記事

20代から始めたい!女性の薄毛予防方法をご紹介

女性の薄毛

2017.7.25

女性の薄毛は、早い人では20代から進行している場合もあります。 30代になると、女性の薄毛率はさらに上がりますから、できれば20代から薄毛予防を始められるといいですね。ここでは、20代から始められる薄毛対策方法をご紹介します。 運動不足解消…

HSオリジナルスカルプシャンプーで毎日発毛育毛ケア!

薄毛改善

2017.8.21

昔と比べて髪のハリ・コシがなくなり、抜け毛が多くなってきたと感じているのなら、悩みを解決する鍵は頭皮ケアにあり。実は多い、頭皮環境を悪化させる洗髪方法や合わないシャンプー使いによって薄毛・抜け毛が進行しているケース。正しい洗髪と薄毛ケア専用…

AGA治療で薄毛・抜け毛を改善するために必要な期間とは

AGA

2017.12.19

日に日に薄くなっていく頭皮、洗うたびに感じる髪のボリューム減少。そんな薄毛や抜け毛の悩み、自己流ケアで完結していませんか。実はAGAは治療で改善できる確率が高いのです。中にはたった3ヶ月で効果を実感した方もいるほど。そんなAGA治療について…

ページ上部に移動