WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

「髪の分け目」が気になったら薄毛の赤信号!女性のための薄毛対策とは?

女性の薄毛

髪の毛のボリュームが出にくくなってきた、生え際が少し上がってきた…男性の場合は前頭部や頭頂部から薄毛が始まっていきますが、女性の場合は髪の分けが薄毛のサインです。
特に最近では生活習慣の乱れやストレスなどが原因で薄毛に悩む女性が増えています。「髪は女性の命」とも言われるほど、髪の毛が与える印象は大きなもの。薄毛が進行してしまう前に早めに対処が肝心です。

女性の薄毛のお悩みで多いのが「分け目の薄毛」

・分け目の幅が広がってきた
・いつもの分け目だとボリュームが出ない
・分け目の地肌が目立って気になる

このような状態では老けた印象を与えてしまうだけではなく、ヘアスタイルが決まらずに自分自身もおしゃれを楽しめなくなってしまいます。
薄毛は男性の悩みと考えられがちですが、最近では女性の10人に1人が薄毛に悩んでいるともいわれるほど。実際には多くの女性が薄毛で悩んでいます。特に薄毛が気になりだした時に目立つのが「分け目の薄毛」ではないでしょうか?女性の場合は男性とは薄毛の原因が複雑であり、薄毛の現れ方にも違いがあります。女性の薄毛の種類について見ていきましょう。

女性に多いタイプ「びまん性脱毛症」とは

男性の場合は「男性型脱毛症」と呼ばれ、主に頭頂部と前頭部が一定のパターンで薄くなることが殆どです。しかし、女性の場合に多いのは「びまん性脱毛症」と呼ばれ、女性に見られる脱毛症の全体を示した総称です。ホルモンの影響、加齢による影響、慢性的に発毛が休止状態に入っていることなどが関係しますがまだ原因は解明されていません。

女性も「男性型脱毛症」とは無縁ではない!
女性であっても「男性型脱毛症」が起きる場合もあります。閉経前後で女性ホルモンが減少して男性ホルモンの作用が相対的に強まることが原因です。このタイプでは男性とは違い、頭頂部を中心に広い範囲で薄毛が広がることが特徴です。ストレスにより女性ホルモンのバランスが乱れると男性ホルモンが相対的に増えて抜け毛が増えることも。

分け目が広がる3つの原因

髪の分け目が広がる原因
上で紹介した2つのタイプ以外にも、分け目が薄くなりやすいのが「牽引型脱毛症」です。特にヘアスタイルや頭皮への物理的な刺激により起こりやすい脱毛症であり、女性特有に多く見られます。

分け目への負担

髪の毛の分け目をいつも同じ場所にしていると、髪の重みや髪を結ぶことで頭皮が引っ張られ負担がかかります。髪の毛の生えグセによって自然と分かれやすい場所で分けていると、同じ分け目ばかりに負担がかかって抜けやすくなり薄毛の原因となります。ロングヘアの女性やエクステを付けている人も要注意です。

頭皮への負担

紫外線やヘアカラー、パーマ、誤ったヘアケアも頭皮の状態やヘアサイクルに影響を及ぼします。強くブラッシングをかけていたり、ヘアドライヤーの使いすぎも関係します。頭皮のダメージは抜け毛の引き金に。頭皮が過剰な刺激を受けることで毛根が傷んで発毛サイクルが乱れると薄毛になりやすくなってしまいます。

生活習慣の乱れ

食生活の乱れにより髪の成長に必要な栄養が不足したり、ストレスなどで血行が悪くなると頭皮の状態が悪化します。睡眠不足も抜け毛や薄毛の原因になるので、不規則な生活を改めることが必要です。
また、過度の飲酒や喫煙も血液中の栄養不足や血管収縮による血行不良などの原因になります。喫煙は頭皮の健康に必要なビタミンCを消耗し、コラーゲンの生成も抑えてしまいます。

紫外線の影響

分け目の薄毛の原因として忘れてはならないのが紫外線による頭皮のダメージです。顔やからだは紫外線対策を心がけていても、頭皮はケアできていないという女性が多いのではないでしょうか?実は頭皮は日光を真上から受ける場所でもあり、紫外線による影響を受けやすい部分になります。

頭皮に過剰に紫外線が当たると毛母細胞がダメージを受けて正常な発毛サイクルが乱れる原因となります。その結果、生えている髪の毛が抜けやすくなるだけでなく、新しい髪の毛の発毛も抑えてしまう可能性があります。頭皮も顔と同じように紫外線対策することが大切です。

早めに始めよう!女性のための薄毛対策

女性の薄毛対策法
分け目の薄毛を広げないためには、早めに対策を始めることが大事です。分け目の薄毛をこれ以上進行させないように次のような対処法を取り入れて行きましょう。

分け目を変える

まず第一の対策は、同じ位置で髪の毛を毎日分けないことです。どうしても同じ分け目の方がしっくりくるので、ついつい毎日同じ位置で分けてしまいがちではありませんか?
ヘアピンなどで毎日同じ方向から同じ毛根に圧力がかかっていると、抜けやすくなってしまいます。思い切って分け目を違う位置に変えてみると、ヘアスタイルの変化も楽しめるのでおすすめです。また、一直線に分けないでジグザグに分けるようにすると、分け目が目立ちにくくなります。
また、ドライヤーで乾かすときには、髪をぬらした状態で分け目とは別の部分から根元を重点的に乾かしましょう。乾かすときはなるべく頭皮へのダメージを減らすため高温の温風を当てないようすることも大事です。

紫外線を防ぐ

暑い夏場だけではなく日光が強くなる春先から頭皮のUV対策を始めましょう。外出時には帽子や日傘などで紫外線を防いで、頭皮に使えるUVカットスプレーを利用するのも良いでしょう。ただし、頭皮が蒸れると頭皮環境が悪化して薄毛の原因となります。蒸れやすい帽子を長時間かぶらないように気をつけて、通気性の良い状態を保つように心がけましょう。

ストレスをためない

ストレスによって血行が悪くなると髪の成長に必要な栄養が行き渡りにくくなるため抜け毛の原因に。さらにストレスで自律神経の働きが乱れると、ホルモンバランスにも影響してしまいます。
職場や家庭、将来への不安など様々なストレスの原因があり完全に避けることは難しいかもしれませんが、ストレスはこまめに発散して溜めないことが大切です。

髪の毛の分け目は一度気になりだすと、周囲の視線も気になる部分ですよね。まずは分け目を変えてみることから始めて、少しずつ抜け毛対策を始めていきましょう。セルフケアだけでは改善が難しい場合には、一人で悩まずに銀座HSクリニックにご相談ください。

女性の薄毛の関連記事

あなたにおすすめの記事

20代から始めたい!女性の薄毛予防方法をご紹介

女性の薄毛

2017.7.25

女性の薄毛は、早い人では20代から進行している場合もあります。 30代になると、女性の薄毛率はさらに上がりますから、できれば20代から薄毛予防を始められるといいですね。ここでは、20代から始められる薄毛対策方法をご紹介します。 運動不足解消…

HSオリジナルスカルプシャンプーで毎日発毛育毛ケア!

薄毛改善

2017.8.21

昔と比べて髪のハリ・コシがなくなり、抜け毛が多くなってきたと感じているのなら、悩みを解決する鍵は頭皮ケアにあり。実は多い、頭皮環境を悪化させる洗髪方法や合わないシャンプー使いによって薄毛・抜け毛が進行しているケース。正しい洗髪と薄毛ケア専用…

AGA治療で薄毛・抜け毛を改善するために必要な期間とは

AGA

2017.12.19

日に日に薄くなっていく頭皮、洗うたびに感じる髪のボリューム減少。そんな薄毛や抜け毛の悩み、自己流ケアで完結していませんか。実はAGAは治療で改善できる確率が高いのです。中にはたった3ヶ月で効果を実感した方もいるほど。そんなAGA治療について…

ページ上部に移動