WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

薄毛治療に欠かせない!市販の外用薬と医療の外用薬の違い

薄毛治療薬

抜け毛や薄毛のケアをする際に欠かせない外用薬。ドラッグストアなどで購入できる市販の外用薬を使うか、医師が処方する外用薬を使うかで迷っていませんか。実は、市販のものと処方されたものでは、配合成分や配合量、効果などが異なります。進行性の薄毛だからこそ、予防と改善を行うために選ぶべき外用薬をご紹介します。

外用薬とは

抜け毛や薄毛のケアとして代表的な外用薬。外用薬とは、今ある毛髪と頭皮の状態を整える塗り薬のこと。効果が高いものになると、抜け毛を防ぎながら、太くしっかりとした健康な毛髪が生えるようにする働きをしてくれます。そんな外用薬には種類があり、大きく「育毛剤」と「発毛剤」に分けられます。

「育毛剤」は毛髪を育てる効果に優れたものが多く、育毛効果を認められた成分が配合されています。代表的な成分としてはセンブリエキス、グリチルレチン酸2K、ニンニクエキス、百薬師エキス、Dパンテノールなどが挙げられます。育毛剤として多いのが、市販で購入でき、問診を受ける必要がない医薬部外品です。育毛剤は健やかな毛髪が育つように働きかけたり、頭皮や毛髪環境を整えたりする作用はありますが、抜け毛を予防したり、発毛による薄毛の改善効果はあまり期待できません。

一方「発毛剤」は、抜け毛や薄毛を予防し、新しい毛髪を生やす効果が医学的に認められている成分が配合されています。代表的な成分としてはミノキシジル、フィナステリド、デュタステリドなどです。発毛剤には二種類あり、「薬剤師による問診を受ける必要がある医薬品(市販でも購入可)」と、「専門クリニックの医師による処方箋が必要な医薬品」です。配合されている成分の濃度が高ければ高いほど効果は期待できますが、有効成分によっては副作用が出ることもあるため、頭皮や毛髪状態に合わせた成分選びや濃度の調整を行って使用することが必要です。

一言に外用薬といっても、育毛効果のみの医薬部外品や、発毛効果が期待できる医薬品などタイプがあり、症状やお悩みに合わせて選ぶことが大切です。

市販の外用薬(育毛剤)と処方される外用薬(発毛剤)の違い

市販で購入できるものと、処方箋が必要なもの。その違いは、主に「育毛・発毛効果」、「有効成分」、「有効成分の配合濃度」、「効果の高さ」にあります。

たとえば、有効成分の中でも特に発毛や育毛効果が高いと言われている「ミノキシジル」は、毛細血管を広げて血液の流れをスムーズにするだけでなく、毛髪の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、毛髪一本一本が太く長く育つように働きかけます。さらに毛乳頭細胞そのものを増殖させる働きもあり、発毛を促す働きにも優れているため、育毛と発毛のどちらの効果も叶える成分です。

そんなミノキシジルは市販の医薬部外品において、配合が認められていません。市販の医薬品では、国内で唯一『リアップ』という製品がミノキシジル配合の発毛剤として認可されていますが、配合量は最大濃度5%とされています。それに対し、専門の医療機関で取り扱える最大濃度は15%と高いのが特徴です。個人差はありますが、有効成分の配合濃度が高ければ高いほど、その効果は高く、より効果を実感できます。つまり同じ医薬品であっても、市販品の外用薬と専門の医療機関で処方される外用薬では成分の配合量が異なるのです。

また、有効成分が高濃度に配合されている外用薬は、より副作用のリスクも高くなります。当初ミノキシジルは血圧を下げる降圧薬として開発され、その副作用として発毛効果が発見されました。その発毛効果を利用して薄毛治療薬として改良されたものが外用薬になりましたが、元々あった血圧を下げる作用もあるため、それがミノキシジルの外用薬の副作用となっています。その他の有効成分も副作用を持つものがあるため、外用薬として使用する際は専門クリニックの医師による診断のもと、自分の症状に合った配合濃度のものを使うことが大切です。

銀座HSクリニックの外用薬の効果

毛髪再生医療の専門院である銀座HSクリニックでは、育毛効果や発毛効果に優れているミノキシジルを主成分としたオリジナルの外用薬を処方しています。そのミノキシジルの配合濃度は市販の医薬品よりもはるかに高い7%、11%、そして最高濃度の15%と三段階で取り扱っており、医師による診断のもと、患者様の症状や頭皮の状態に合わせて濃度を調整していきます。そのため、副作用の心配がありません。

さらに患者様の使い勝手やライフスタイルに合わせて、分量を調整しやすい「スポイトタイプ」、持ち運びに便利な「ローラースティックタイプ」、吹きかける「スプレータイプ」といった容器の種類があるのも銀座HSクリニックならでは。

銀座HSクリニックは育毛剤だけでなく、育毛や発毛効果に優れた治療も豊富です。生え際をはじめ、あらゆる薄毛の改善に効果的な発毛治療「ダーマスタンプ」や、針を使うことなく頭皮の奥深くまで有効成分を導入して育毛を促す「ノーニードルメソセラピー」などの見た目の変化を実感できる治療も取り入れながら、体質や症状に最適な治療をご提案します。

様々な面で異なる、市販品と医療用の外用薬。抜け毛や薄毛の予防と改善をしっかりと行いたいのなら、専門クリニックで処方される外用薬使いが大切です。デリケートな頭皮環境だからこそ、市販の外用薬で自己流ケアをしようとせず、専門の医師に相談しましょう。

薄毛治療薬の関連記事

あなたにおすすめの記事

20代から始めたい!女性の薄毛予防方法をご紹介

女性の薄毛

2017.7.25

女性の薄毛は、早い人では20代から進行している場合もあります。 30代になると、女性の薄毛率はさらに上がりますから、できれば20代から薄毛予防を始められるといいですね。ここでは、20代から始められる薄毛対策方法をご紹介します。 運動不足解消…

HSオリジナルスカルプシャンプーで毎日発毛育毛ケア!

薄毛改善

2017.8.21

昔と比べて髪のハリ・コシがなくなり、抜け毛が多くなってきたと感じているのなら、悩みを解決する鍵は頭皮ケアにあり。実は多い、頭皮環境を悪化させる洗髪方法や合わないシャンプー使いによって薄毛・抜け毛が進行しているケース。正しい洗髪と薄毛ケア専用…

AGA治療で薄毛・抜け毛を改善するために必要な期間とは

AGA

2017.12.19

日に日に薄くなっていく頭皮、洗うたびに感じる髪のボリューム減少。そんな薄毛や抜け毛の悩み、自己流ケアで完結していませんか。実はAGAは治療で改善できる確率が高いのです。中にはたった3ヶ月で効果を実感した方もいるほど。そんなAGA治療について…

ページ上部に移動