AGA治療・薄毛治療を専門医が適切な診断|銀座HSクリニック

WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

薬の副作用が心配です

AGA治療薬には、稀に性欲減退といった副作用が出ることがありますが、これらは正しい用法や規定量を守っていただければ殆ど出る事はありません(0.4%程度)。 このパーセンテージはプラセボ錠(偽薬)を服用した場合でもほぼ同パーセンテージで表れるとされており、「薄毛治療はEDになる」との噂が巷ではありますが、医学的な因果関係はありません。また、外用薬や育毛メソセラピーでは、非常に稀な薬剤アレルギー反応以外の副作用はありません。ただし、外用薬に用いられる成分のミノキシジルは、内服薬での服用で体毛が濃くなるという副作用があります。

関連する質問

ページ上部に移動