AGA治療・薄毛治療を専門医が適切な診断|銀座HSクリニック

WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

薄毛は遺伝する?

薄毛になりやすい/なりにくいという直接要因となる遺伝子は見つかっていません。 薄毛(AGA)の要因は男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼII型という酵素と結合して強力なホルモンに変換されたのち、受容体という受け皿に結びつくことで発症します。 この「受容体」の数については遺伝が関係するとされていますが、男性ホルモンの量や酵素の量も関与するため、受容体の数のみでAGAになりやすい/なりにくいという判断はし難いと考えています。

関連する質問

ページ上部に移動