AGA治療・薄毛治療を専門医が適切な診断|銀座HSクリニック

WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

ハゲ(はげ)ってどういう状態のこと?

ハゲ(はげ)とはさまざまな要因により、髪の毛が少なかったり、全くない頭のことをいいます。 ハゲ(はげ)にはいくつかの種類があります。1.加齢 加齢にともない、男性型脱毛症(AGA)が進行し、頭髪が薄くなります。 ですが、AGAに関しては医学的な治療で改善できます。 2.ストレス 精神的にダメージが蓄積すると脱毛が起こります。 自己免疫病の一つとして有名なのは「円形脱毛症」です。 3.病気 脱毛症の中にはアレルギーや疾患などによっておこるものがあります。 4.抜毛癖 自分自身で頭髪を抜いてしまう精神疾患です。 禿頭病(とくとうびょう)とも呼ばれます 5.薬の副作用 投薬によっておきる副作用で頭髪の脱毛が進む場合があります。 有名な薬ですと「抗がん剤」です。 6.放射能 多くの放射線に被爆した際、毛根細胞が障害を受けて毛髪が細くなったり、切れやすくなったりすることからおこります。 いわゆる「ハゲ」と呼ばれてしまうものの多くは、男女ともに、加齢にともなう脱毛症です。 民間療法に頼るよりも、まずは医師の診断をうけ、頭皮の状態を分析することで、医学的な薄毛治療をすることをおすすめします。

関連する質問

ページ上部に移動