WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

自己流ケアには限界が!薄毛治療だからこそできる発毛と育毛

薄毛治療

髪に自信とボリュームを取り戻すために、せっせとサプリメントを飲んだり、市販の育毛剤を使っている人も少なくないはず。しかし、良かれと思ってやっているその自己流ケアが実は頭皮環境を悪化させてしまうリスクもあるのです。薄毛治療専門クリニックのカウンセラーに聞いた、自己流ケアや薄毛治療について詳しくご紹介します。

良かれと思っていても実はNG!薄毛の自己流ケア

「薄毛や抜け毛の進行を止めたい」「数年前の毛髪状態に戻りたい」と思って自己流ケアを頑張っていませんか。実はそこが自己流での薄毛対策の大きな落とし穴だったのです。


筆者「AGAや薄毛対策の自己流ケアのリスクについて教えてください」
影岡さん「自己流ケアになると、使用するサプリメントや育毛剤も自己判断になってしまい、自分の頭皮環境や体質に合ったアプローチができにくい点がデメリットとして挙げられますね。また、市販に売られている外用薬などはどんな方でも使用できる観点から有効成分の配合率が低くなっています。そのため、自己流のケアではどうしても限度があり、その分薄毛や抜け毛も進行してしまうリスクが高いです。薄毛の進行を止めたいとお考えになっているのなら、自己流ケアでは難しいというのが正直なところ。また、自己流ケアで発毛や育毛まで叶えられると思っている方もいらっしゃるようですが、サプリメントや育毛剤などの外用薬でのケアができることは、今の薄毛の進行にアプローチすることです。発毛や育毛をするためには治療が必要になってくるので、その点でも自己流ケアの守備範囲を理解することが大切だと思います」


川鍋さん「自己流の薄毛対策を行っていれば、今の薄毛進行を完璧に抑えられていると考えるのは誤った認識なので、きちんと進行を止めたいのなら医学的な根拠に基づいて内服薬や外用薬を処方する薄毛治療が効果の面でも、安全面でも良いですね。自己流ケアでは頭皮に合わない育毛剤を使ってしまうリスクもあり、そうすることで薄毛進行を抑えたかったのに結局進めてしまう羽目になったという本末転倒な事態をも招きかねませんから」


影岡さん「またネットの間違った情報を鵜呑みにして強く頭皮マッサージをしてしまうなどすると、頭皮の毛細血管を傷つけてしまうリスクも否めません。自分でケアした結果、内服薬や育毛剤の副作用があったとしても、それをカバーすることもできないのが自己流ケアの恐ろしい点ですね。薄毛治療であれば、医師の診察の元行なっているので万が一、肌に合わない等あったとしても直ぐ様対処することができますから、治療と比べてしまうと安全性の面でも劣ってしまうのが自己流ケアの大きなデメリットでしょう」

ここ数年、自己流ケアを続けているけれども「どうも実感が持てない」「薄毛や抜け毛がどんどん酷くなっていっている気がする」そんな方は、そろそろ自己流ケアの見直し時期かもしれません。自分の頭皮環境に合わない間違ったケアを続けていると、薄毛対策はおろか、薄毛を助長するという不本意な状況になりかねないのです。

薄毛治療でここまで変わった!実際の患者様エピソード

薄毛専門クリニックにいらっしゃる患者様の多くは、薄毛対策に何をすればいいのか分からないという方や、自身の自己流ケアに限界を感じて通院を始められた方が大半とのこと。

そんな患者様たちも通い始めた頃と治療の効果が出始めた頃ではすっかり印象が変わる方も多いとか。カウンセラーの影岡さんと川鍋さんが知る、数多くの患者様の中からいくつかエピソードを教えていただきました。

筆者「薄毛治療を始められてから、目に見えて治療の効果が出た患者様のエピソードを教えてください」


川鍋さん「薄毛治療を続けている患者様の多くは、ご本人だけでなく、スタッフの私たちもその変化を感じております。中でも印象的だったのは、営業職で外回りが多い患者様がいらっしゃるのですが、『以前はとくかく風が怖かった、特に前から強風が来ようものならヘアスタイルが乱れてしまうので、とにかく嫌だった』と話していました。風のみならず、雨も髪質がベチャッとなってしまうことから、天候によって気分が左右されるとも……。それが薄毛治療をはじめ毛髪ボリュームが増えたことで、どんな天候でも怖くなくなり、自信を持って営業先に出ていけるようになったと喜びの声をいただきました。『人生が180°変わった!』とのお言葉は忘れられませんね」


影岡さん「通院しはじめの患者様は話し手の目線が気になるとおっしゃる方が多く、『髪や額を見られている気がする』とお悩みを伺う機会があるのですが、治療を進めていくうちに他人の視線が気にならなくなったと言われる方がよくいらっしゃいますね。また、周囲からの『髪が増えた』『自毛なの?』といった反応に、薄毛治療の効果を改めてご実感いただけるケースもあり、通院時に嬉しそうに話してくださいます。以前は帽子を被らないと外出しにくかったのに、薄毛治療のおかげで帽子から開放されたと喜んでいる方もいます。それこそ、患者様のエピソードをお話しだしたらキリがないほどです!」

その他、50代後半の女性の患者様はそれまでヘアサロンでオーダーするときにボリュームをいかに出すかを考え、パーマを長年欠かさなかったそうですが、薄毛治療を経て、ストレートヘアに挑戦したというエピソードも。様々な患者様のお話を聞くにあたり、薄毛治療を通して、多くの方が髪のボリュームが増えることにより外見の印象が若々しくなり、それこそ見た目年齢−10〜15歳ほど若見えする方も多いのだとか。

影岡さん「皆さん、薄毛治療を進めていくに従って、心を開いてくださりプライベートのお話をしてくださるようになりますね」
川鍋さん「それこそ最初は口数が少なく、あまり目を合わせない印象が強かった方も、薄毛改善の実感とともに笑顔が増えていき、自然と会話が弾むようになったりします。それこそ、コンプレックスが解消されることで内向的な方もどんどん社交的になっていくケースは多いです」

薄毛専門クリニックのスタッフだからこそ知る薄毛改善のワンポイントアドバイス

薄毛治療により効果的に薄毛や抜け毛の進行を抑制し、発毛・育毛ケアを行うことが、AGAや薄毛の悩みを改善する得策ですが、さらに効果的なケアを行うために、生活習慣や食生活でできるアドバイスを伺いました。

筆者「薄毛を改善するために実践すべき生活習慣は何ですか?」
川鍋さん「毛髪の成長を促すためにも、良質な睡眠は欠かせません。アイマスクを使用すると深い眠りに入りやすくオススメです。また、入浴で血行を促進することも頭皮の血流促進に繋がるのでぜひ実践していただきたい習慣ですね」

影岡さん「入浴後、頭皮マッサージも行うようにするとさらに頭皮の血流には効果的です。育毛剤を使用していない方は化粧水で顔だけでなく頭皮も保湿してからマッサージをするようにし、育毛剤を使用している方は頭皮も化粧水で保湿した後、育毛剤を塗り、マッサージを行うのがおすすめです。また、頭皮をマッサージをするときは爪を立てずに、指の腹で優しく行うことがポイントですね」


筆者「では薄毛を改善するために取り入れたい食生活はどんなものでしょうか?」
影岡さん「アルコールは毛髪育成に必要な栄養素を消費してしまうため、お酒は飲みすぎないように注意しましょう。油分の摂り過ぎは、皮脂の過剰分泌につながり、頭皮の毛穴詰まりを助長しかねないため、揚げ物などは極力控えるように心掛けていただきたいですね。とにかく栄養バランスのとれた食生活を送ることが基本です」
川鍋さん「毛髪はタンパク質によって構成されているので、動物性タンパク質・植物性タンパク質ともにバランス良く摂取することを意識すると良いでしょう。体重1kgに対して1gが1日の目安なので、自分の必要量をしっかり補給してあげることが大切です」


本気でAGAや薄毛を改善したいのなら、自己流ケアでは発毛・育毛は難しいのが現実です。薄毛治療なら、自身に合ったケア方法で改善することができるため、影岡さんや川鍋さんが話してくださった患者様のエピソードのように、あなたも悩みを克服できる可能性大。まずは無料のカウンセリングで、今のあなたの頭皮状態をチェックしてみませんか?

薄毛治療の関連記事

あなたにおすすめの記事

20代から始めたい!女性の薄毛予防方法をご紹介

女性の薄毛

2017.7.25

女性の薄毛は、早い人では20代から進行している場合もあります。 30代になると、女性の薄毛率はさらに上がりますから、できれば20代から薄毛予防を始められるといいですね。ここでは、20代から始められる薄毛対策方法をご紹介します。 運動不足解消…

HSオリジナルスカルプシャンプーで毎日発毛育毛ケア!

薄毛改善

2017.8.21

昔と比べて髪のハリ・コシがなくなり、抜け毛が多くなってきたと感じているのなら、悩みを解決する鍵は頭皮ケアにあり。実は多い、頭皮環境を悪化させる洗髪方法や合わないシャンプー使いによって薄毛・抜け毛が進行しているケース。正しい洗髪と薄毛ケア専用…

AGA治療で薄毛・抜け毛を改善するために必要な期間とは

AGA

2017.12.19

日に日に薄くなっていく頭皮、洗うたびに感じる髪のボリューム減少。そんな薄毛や抜け毛の悩み、自己流ケアで完結していませんか。実はAGAは治療で改善できる確率が高いのです。中にはたった3ヶ月で効果を実感した方もいるほど。そんなAGA治療について…

ページ上部に移動