HS式冷凍治療|銀座HSクリニック

|||
HS式冷凍治療
HS式冷却治療のイメージ

冷凍治療とは?

「クライオセラピー」と呼ばれる、皮下5〜10mmまでをマイナス150〜196℃の極低温乾燥ガスで冷却する治療法です。頭皮を冷却することで血流が通常の5〜6倍に増し、栄養補給が活発になります。冷却による血流促進効果は持続性が高いとされており、細胞の活動を活発にすることにより、毛髪においても新生細胞の生成、スムーズな新陳代謝促進も期待できます。また、キューティクルを引き締め、切れ毛の予防にも繋がります。

頭皮トラブルへの影響

極低温乾燥ガスで頭皮を冷却することで雑菌の繁殖を抑え、炎症の予防にもなります。
また、血行促進により皮膚自体の抵抗力も強化され、髪が育ちやすい環境が整っていきます。

HSクリニックの冷凍治療

銀座HSクリニックでは他の薄毛治療の効果をより高めるために、冷却治療をオプションメニューとしておすすめしております。
AGA病院の予約申し込みはこちら
薄毛診断のお申込み
女性の薄毛治療 治療体験 真のAGA治療薬 頭皮と髪の健康診断 サイド_アクセスマップ
カテゴリー アクセスランキング メディア掲載情報
dot.asahi週刊朝日12月9日号夕刊フジ 5/1号・zakzakマイナビニュース 2016/03/03マイナビニュース 2016/03/01「女性セブン」にて院長・北嶋の取材が掲載されましたテレビ東京「チャージ730!」でHS式冷凍治療が紹介されました「リアルライブ」にて院長・北嶋のコメント記事が紹介されました
だからハゲるのか! AGA治療の返金保証サイド