ミノキシジル|銀座HSクリニック

|||
ミノキシジル

ミノキシジルとは?

外用薬と内服薬の説明ミノキシジル(Minoxidil)は髪を育成し脱毛症を回復させる効果のある成分の名称です。 ミノキシジルを成分とした薬には、内服薬と外用薬があり、男女共に効果があります。 もともとは血管を拡張し血圧を下げるための飲み薬として創製されましたが、脱毛症にも有効だと判明したため、現在では世界中で医学的な薄毛治療に用いられるようになりました。

ミノキシジルを使用した男性の薄毛治療

男性の薄毛治療ミノキシジルは男性型脱毛症(AGA)に使用する内服薬『プロペシア』(フィナステリド)とは薬理作用が異なるので、合わせて使うことができ、個別に使うよりも発毛効果を高めることができます。 プロペシアとミノキシジルはそれぞれ役目が違うからです。 ?ミノキシジルで産毛を成長させ、抜けにくくする。 ?プロペシアで正常なヘアサイクルへ改善し、抜け毛を抑える。 このように効果の違う薬を併用することで薄毛を改善していきます。

ミノキシジルは女性も治療できる

女性の薄毛治療ミノキシジルは女性の薄毛にも有効です。 しかし、成分は母乳中に移行するため、授乳中の女性は注意が必要です。 ミノキシジルの使用にあたっては患者様の状態にあわせた処方を行います。

ミノキシジルの有効期間

ミノキシジルの有効期間<内服薬> 内服薬としてのミノキシジルは錠剤であり、飲むことで血管に行きわたり、高い効果が期待できます。 <外用薬> 外用薬(塗り薬)としてのミノキシジルは、数か月使用することで毛髪の成長が見られ、薄毛に効果が認められています。 気になるところに使用することができますので、内服薬よりも副作用がなく安心して続けられます。 内服薬、外用薬ともに、効果が時間と共に薄らいでいくため、使用を続けることでさらに薄毛改善に期待ができます。

ミノキシジルに副作用はあるか?

ミノキシジルの副作用外用薬としてミノキシジルは、頭皮に塗って刺激を与えますので、人によってはニキビができることもあります。 内服薬としてのミノキシジルは、飲むことで成分が全身に行きわたりますので、多毛化の症状が全身に及ぶ場合もあります。 もともと血圧を下げる薬として生まれたということもあり、用法容量を守らずに使用すると、血圧低下の原因になったり、頭痛を起こす可能性もあります。 ですので、使用においては医師の診断を受け、処方された薬の用法容量を守り正しく使う必要があります。

当院では医師の診断のもと、必要に応じて内服薬や、市販のものよりも高濃度なミノキシジル外用薬の処方もおこなっております。 当院にご来院の上、ご相談くださいませ。

AGA病院の予約申し込みはこちら
薄毛診断のお申込み
女性の薄毛治療 治療体験 真のAGA治療薬 頭皮と髪の健康診断 クイズ薄毛の真相 サイド_アクセスマップ
カテゴリー アクセスランキング メディア掲載情報
dot.asahi週刊朝日12月9日号夕刊フジ 5/1号・zakzakマイナビニュース 2016/03/03マイナビニュース 2016/03/01「女性セブン」にて院長・北嶋の取材が掲載されましたテレビ東京「チャージ730!」でHS式冷凍治療が紹介されました「リアルライブ」にて院長・北嶋のコメント記事が紹介されました
だからハゲるのか! AGA治療の返金保証サイド