女性の薄毛予防方法を紹介|銀座HSクリニック

|||

20代から始めたい!女性の薄毛予防方法をご紹介

女性の薄毛は、早い人では20代から進行している場合もあります。 30代になると、女性の薄毛率はさらに上がりますから、できれば20代から薄毛予防を始められるといいですね。 ここでは、20代から始められる薄毛対策方法をご紹介します。

運動不足解消、肩こり改善

運動不足や肩こりによって血行が悪くなると、髪にまで栄養分が行き届きにくくなり、それが薄毛の原因になることがあります。 髪や美容のためにと栄養を摂っていても血行が悪ければ、その効果もあらわれにくくなります。 20代から適度な運動を心がけることでストレスにも強くなりますから、それもまた薄毛予防につながります。 肩こりも症状が重くなる前に改善しておかなければ、30代からはさらにひどくなって髪に栄養が届きにくくなります。 こりもだんだんほぐしにくくなりますから早目の対策をおすすめします。

ストレス、生活習慣の改善

ストレスを解消するためには、まず自分の中にあるストレスに気づかなければいけません。 ストレスがない生活や環境を確保するのは難しいことだと思いますが、ストレス解消法を見つけてストレスに強くなるのはそんなに難しいことではないと思います。 ストレスをためこむことで、血管が収縮しやすくなり血流が悪くなります。 また、20代から生活習慣の乱れは改善しておきましょう。 少しくらい夜更かしをしても次の日は平気だからと20代のうちは乗りきれたとしても、30代になってそのツケが薄毛という症状で表面化することもあります。

髪にいい栄養素を積極的に摂る

20代から栄養バランスが取れた食事を心がけることで薄毛予防ができます。 中でも薄毛対策に有効な栄養素をご紹介します。 ・タンパク質と亜鉛 タンパク質と亜鉛は、髪を作るためにも健康な髪を保つためにも重要な栄養素です。 まず、タンパク質は皮膚や髪の原料となる最も重要な栄養素で欠乏すると髪を作るのも保つのも困難となってきます。 亜鉛は、タンパク質の合成に不可欠ですから、タンパク質と並んで重要な栄養素です。 オススメな食品は、タンパク質が大豆製品、魚、肉などで亜鉛が牡蠣、うなぎ、チーズなどです。 ・ビタミンB6、B12 ビタミンB6、B12も薄毛対策には欠かせない栄養素です。 ビタミンB6は髪を作るタンパク質のもとなので、ビタミンB6が欠乏すると髪がつくられなくなります。 ビタミンB12は、髪をつくりだす毛母細胞の働きを活発にする作用があり、それによって髪が生えやすい環境を作ります。 他にも髪にいい栄養素はありますが、「髪をつくる」という観点から見た時に大切な栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミンB6、B12です。 これらの栄養素を若い時から積極的に食事に取り入れましょう。

シャンプーや整髪料の見直し

今使っているシャンプーは本当に頭皮に合っていますか? 20代からシャンプーや整髪料の成分を把握した上で、髪や頭皮に負担を与えすぎないものを選ぶべきです。 毎日使うものですから、やはり負担の積み重ねで頭皮や髪は傷んでいきます。 その傷みに加齢などの要因が重なることで薄毛を進行させていくことがあります。

紫外線予防をする

紫外線を浴びることで髪や頭皮が傷み、薄毛の原因になることがあります。 紫外線は実は1年中降り注いでいます。 頭皮が紫外線によってダメージを受けることで、髪が生えにくい頭皮へと変わっていきます。 帽子や日傘によって頭皮や髪の紫外線対策もしっかり実践していきましょう。 頭皮が傷んでしまってからでは手遅れです。 20代のうちは、少々無理をしても薄毛は表面化しません。 しかし、問題はその後なのです。 30代、40代になって薄毛や髪の悩みを抱えないためにも、20代からしっかり薄毛予防方法を実践しておきましょう。

←女性の発毛は薄毛病院へ

薄毛診断のお申込み
女性の薄毛治療 治療体験 真のAGA治療薬 頭皮と髪の健康診断 サイド_アクセスマップ
カテゴリー アクセスランキング メディア掲載情報
dot.asahi週刊朝日12月9日号夕刊フジ 5/1号・zakzakマイナビニュース 2016/03/03マイナビニュース 2016/03/01「女性セブン」にて院長・北嶋の取材が掲載されましたテレビ東京「チャージ730!」でHS式冷凍治療が紹介されました「リアルライブ」にて院長・北嶋のコメント記事が紹介されました
だからハゲるのか! AGA治療の返金保証サイド