AGA治療・薄毛治療を専門医が適切な診断|銀座HSクリニック

WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

AGA治療で薄毛・抜け毛を改善するために必要な期間とは

AGA

日に日に薄くなっていく頭皮、洗うたびに感じる髪のボリューム減少。そんな薄毛や抜け毛の悩み、自己流ケアで完結していませんか。実はAGAは治療で改善できる確率が高いのです。中にはたった3ヶ月で効果を実感した方もいるほど。そんなAGA治療について効果を導き出す理由や期間について、実例とともにご紹介します。

AGA治療なら改善できる確率が高い

そもそもAGAとは男性型脱毛症のことであり、遺伝や男性ホルモンなどの影響によって引き起こされる薄毛や抜け毛の症状です。主に頭頂部や生え際などのパーツが脱毛しやすいのが特徴として挙げられ、男性の脱毛症の約9割をも占めると言われています。

そんなAGAは薄毛や抜け毛の専門的な治療を行うことで、改善できる可能性が高く、実際に患者様の多くがその効果を実感されています。と言うのも、市販の育毛剤などを使う自己流ケアと異なり、薄毛専門クリニックの治療は、専門医が薄毛の原因を様々な角度から分析し、最適な改善方法を提案していくからです。薄毛や抜け毛のお悩みから、生活習慣や食生活などをカウンセリングし、現在の頭皮状態をマイクロスコープで確認するだけでなく、血液検査なども行い、その原因と治療方法を医学的に分析していくからこそ、頭皮環境や生活習慣などに合ったベストな改善対策が行えるのです。

さらに、マシンを用いた発毛治療や育毛治療を行えるのも専門クリニックならでは。銀座HSクリニックでは、発毛治療として最新毛髪再生治療の「ダーマスタンプ」があります。ごく微細の針がついたダーマペンで頭皮に無数の穴を開け、高濃度の成長因子をはじめとした薄毛改善効果のあるミノキシジルなどの有効成分が配合されたHSリボーンカクテルを浸透させていくこの治療。細胞自体の再生を促して発毛力・育毛力を高める人気のメニューです。

また、育毛治療として「ノーニードルメソセラピー」があり、針を使わずに薄毛改善効果のある有効成分を頭皮の奥深くまで導入し育毛を促すとして人気の治療法です。有効成分には高濃度の成長因子やミノキシジル、フィナステリドなどが配合されており、細く弱っている毛髪を太く抜けにくく育てる効果に優れています。「注射が苦手…」という方でも、痛みもなく安心して受けることができるのも人気の理由です。

そんな薄毛治療は、効果を実感できるようになるまで約6ヶ月が目安と言われています。もちろん、その期間には個人差があり、中には治療開始後約3ヶ月にして治療の効果を実感されたという患者様もいらっしゃるほど。この患者様の事例をご紹介します。

実例紹介!わずか3ヶ月で効果を実感する患者様も!

治療を始めてたった3ヶ月ほどで周囲からも「変わった」と声をかけられた患者様のM様(40代後半/男性)。銀座HSクリニックに通う以前は、ネットや友人などの情報を元に、内服薬や育毛剤などの自己流のケアをされていたそう。

そんなM様はプロペシアを服用し、市販の育毛剤も1年ほど使用されていましたが、効果を実感できず、銀座HSクリニックにて薄毛治療を始められました。治療前の頭皮の状態がこちら。


そこから治療を開始し、内服薬と外用薬、治療を併用して月に2回のペースで通院。治療内容としては、クリニックにて「ノーニードルメソセラピー」、「炭酸スプレーガン」、そして「発毛促進点滴」を行い、自宅にてフィナステリド配合の内服薬、ミノキシジル配合の育毛剤、そして頭皮のスカルプケアができる「GROW-YELL-SCALP」を使用されていました。その結果、約3ヶ月後の変化がこちら。


薄毛が目立っていた頭頂部も驚きの発毛効果で印象が激変。この頃からご本人も目で見て分かる見て分かるほどAGA治療の効果を実感し、会社でも「最近髪が増えましたよね?」と声をかけられるようになったとか。そして治療開始から半年後の変化がこちら。


薄毛で悩んでいたとは思えないほどの現在の毛髪状態にM様も大満足されているとのこと。個人差はありますが、このように短期間で発毛・育毛効果を実感された患者様もいらっしゃいます。

AGA治療はいつまで続ける必要がある?

「いつまでAGA治療は続けたほうがいいのか?」という疑問がある方も少なくないはず。AGA治療で薄毛や抜け毛が改善されたら、そこで治療をすべて終了してしまっても良いのかというと、クリニックで行う発毛や育毛目的の治療は完了しても大丈夫なのですが、内服薬は服用を続けることを銀座HSクリニックではおすすめしています。

そもそも、クリニックで行うダーマスタンプやトータルヘッドセラピーなどの治療は、発毛や育毛を目的としており、AGAの治療内服薬は男性ホルモンの変質による抜け毛を防ぎ、ヘアサイクルを整えることが目的です。そのため、服用を止めてしばらくすると抜け毛が徐々に再発してしまう可能性があるのです。


だからこそ、他の治療との併用で十分に発毛実感、育毛実感された後も、内服薬の服用だけは継続する方が良いのです。髪に自信を取り戻し、今では短髪を楽しんでいらっしゃるM様も現在でも内服薬は続けているとのこと。AGA治療はいつまで続くかと言うと、クリニックで行う治療は発毛・育毛実感された段階で完了することができます。ただし、内服薬を続けるという点では飲み続けるのが髪の状態を維持する上では大切なのです。

ページ上部に移動