薄毛治療専門医による的確な診断の薄毛・AGA治療

WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

忘年会続きで薄毛が進行?冬に注意すべき抜け毛事情

薄毛治療

寒くなり冷えが起こりやすい冬。血行不良が起きやすいだけでなく、湿度もグンと下がるので頭皮環境は乾燥も招きやすくなります。そう、冬は薄毛や抜け毛において過酷な時期。だからこそ、ネット情報を頼りにした自己流ケアを続けているとあっという間に進行してしまうかもしれません。あなたの薄毛対策は万全ですか?

あなたは大丈夫?冬の時期に薄毛を進めるNGチェック項目

頭皮環境にとって血行不良や乾燥が起こりやすい冬の時期。デリケートな頭皮環境だからこそ、日頃の食生活や生活習慣などによって薄毛の進行状況も左右されてしまいます。何気なく摂っている食事や生活習慣などと冬の過酷な頭皮環境が合わさって、知らず知らずのうちに薄毛が進行しているかもしれません。では、どんな食事や生活習慣が薄毛や抜け毛にとってNGなのでしょうか。薄毛専門クリニックのカウンセラーである影岡萌子さんと川鍋有理さんにお話を伺いました。 筆者「食生活において、冬の時期に気をつけるべきことを教えてください」 影岡さん「ただでさえ体が冷えやすいこの時期は、体を冷やす冷製のものや飲み物を多く摂取してしまうと薄毛や抜け毛を加速させかねません。また、忘年会も増える時期なので、普段よりもお酒や油ものなどを口に運ぶ機会が増えがちです。しかし、油ものを食べ過ぎることも毛穴が皮脂でつまってしまう要因になり、頭髪環境を悪化させてしまいます。 また、油もの以外にも塩分の摂り過ぎにも注意が必要です。そして、お酒は眠りを浅くしてしまうため、髪の成長を妨げることにつながります。さらにアルコールを分解する過程においてアセトアルデヒドという物質が作られるのですが、これが育毛・発毛を妨げる悪玉ホルモンを増加させてしまうのです」 川鍋さん「アルコールによる薄毛・抜け毛へのダメージは、睡眠への悪影響や悪玉ホルモンの増加だけにとどまらず、栄養素自体も失うことにつながります。と言うのも、アルコールを分解する際に髪の材料源となる“アミノ酸”や健康的な頭髪環境を整える上で欠かせない“ビタミン”を消費してしまうため、体内で不足しやすくなってしまうのです。 忘年会だけでなく、クリスマスや年末年始などイベントが続く時期だからこそ、過度な飲酒による薄毛を加速させる危険性を知っていただきたいですね」 筆者「生活習慣において、冬の時期に気をつけることはありますか?」 川鍋さん「寒い季節になるとシャワーの温度を高くしてしまう方が多いのですが、実はこの行為によって頭皮が乾燥し、赤みやかゆみを引き起こすことにつながってしまいます。そして頭皮をかきすぎてしまうと、抜け毛が増えてしまいかねません。また、乾燥した頭皮環境において、乾燥をケアしようと皮脂が過剰に分泌されたり、むけた角質が毛穴につまってしまったりして毛髪の成長を妨げてしまうのです」 影岡さん「ですので、42℃〜43℃などの高温のシャワー使いをされている方は洗髪するときだけでも37℃〜38℃くらいの温度設定にし、頭皮環境を悪化させないように生活習慣を改善することが大切です。もしすでに乾燥して赤みやかゆみを感じている場合は、サラッとした化粧水を頭皮に塗って、保湿を心がけましょう。 また、寒さにより血管が収縮し血行不良になりやすい冬は、頭皮へ栄養が届きにくくなる傾向がありますので、頭皮マッサージをこまめに行なったり、ヘッドスパで頭皮環境を整えたりすると良いと思います」

薄毛専門クリニックのスタッフだからこそ知る薄毛治療のこと

普段生活していると気が付かないことでも、実は頭皮に悪影響を及ぼす食生活や生活習慣はたくさん。だからこそ、ネットの情報を鵜呑みにせず、専門家によるサポートを受けて正しく効率的に薄毛・抜け毛を改善できる薄毛治療を実践したいもの。とは言え、体験したことがない方にとって「薄毛治療ってどんなことをするの?」「本当に効果があるの?」と思うはず。そんな疑問や不安についてもカウンセラーのお二人に詳しく教えていただきました。 筆者「実際どのようなことを薄毛治療では行っているのですか?」 影岡さん「お客様の頭皮の状態と体質、生活リズム、育毛や発毛の目標に合わせて、最適な治療メニューをご提案しています。自宅では内服薬や外用薬を使っていただくことが多く、こちらは今ある状態から薄毛や抜け毛を進行させないようにする治療になります。 また、クリニックでは発毛や育毛を促す外部からの治療を行い、見た目や手触りの変化を実感できるものをお受けいただきます。例えば、毛を太くしたい場合はノーニードルメソセラピーといった高濃度の成長因子を、針を使用せずに頭皮の深部にまで導入する治療がおすすめですし、発毛を叶えたいのであればダーマスタンプ(ヘアグロウスタンプ)などの治療が適しています」 川鍋さん「銀座HSクリニックではお客様が求めるゴールに合わせて、複合的な治療を行うことができるのが強みであり、自己流ケアでは実現できないような発毛実感・育毛実感を叶え、髪にハリとコシを出すことが期待できるのです」 冬だからこそ、薄毛・抜け毛対策として注意すべき食事や生活習慣がありますが、もし忘年会で飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまったとしたら、薄毛対策に欠かせない栄養素を入れてあげることが重要です。銀座HSクリニックでは内服薬だけでなく、点滴でも栄養補給を行うことができます。また、冷えなどによる頭皮環境の悪化を感じたら、ヘッドスパで余分な汚れをリセットし、健康な状態へ整えてあげることも必要でしょう。 冬の間に、食事や習慣から蓄積した頭皮へのダメージは、すぐには現れないため「なんだ、心配することないか」と思いがち。しかし溜まったダメージはタイムラグで忘れた頃にやってくるものです。春以降に「いきなり薄毛が進行してしまった」と焦ることのないよう、十分なケアを実践しましょう。
ページ上部に移動