薄毛治療専門医による的確な診断の薄毛・AGA治療

WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

減少すると薄毛に!成長ホルモンで改善する育毛治療

薄毛治療

「ここ最近、めっきり髪の量が減った……」そんな悩みを抱えているとしたら、加齢による薄毛が進行しているせいかも。だからと言って「年齢には逆らえない」なんて諦めるのは大間違い。実は加齢による薄毛の悩みのケアに、成長ホルモンが一役買います。薄毛で悩むすべての人へ、成長ホルモン治療を徹底紹介!

成長ホルモンの分泌量減少は薄毛を進める?

身長を伸ばしたり、子どもの成長に関わるイメージが強い成長ホルモン。その役割は幅広く、代謝をコントロールしたり、免疫機能をアップしたり、細胞の活性化にも関わっています。そんなカラダの機能に欠かせない成長ホルモンですが、実は薄毛の改善にも効果が期待できます。 成長ホルモンの分泌により、肝臓からIGF-1(インスリン様成長因子1)が分泌されます。このIGF-1は髪の毛を作り出す「毛母細胞」の働きを活発にするため、髪の成長に欠かせません。つまり、成長ホルモンの分泌量が減少してしまうと、髪の毛を作り出す力も弱まってしまい、結果薄毛が進行しやすくなってしまいます。薄毛対策には成長ホルモンの分泌を高めるのが鍵なのです。

成長ホルモンの分泌量を増やす生活習慣

寝る子は育つという言葉にあるように、成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中。特に、寝ついてから約3時間以内のノンレム睡眠時に集中的に分泌されます。したがって、成長ホルモンの分泌量を増やすためには「良質な睡眠」が必要不可欠。 さらに、成長ホルモンは血糖値が低い状態の時に分泌されるため、寝る前に食事をしてしまうと血糖値が高くなってしまい、成長ホルモンの分泌が減ってしまう原因に。就寝前数時間は食事をとらないようにするのがポイントです。こういった成長ホルモンの促進をサポートするライフスタイルを継続することで薄毛対策にもつながっていくのです。 ただし、ライフスタイルを見直したからといって直ぐ様成長ホルモンの分泌量が増えるわけではありません。そこで「手っ取り早く短期間で効率的に成長ホルモンを増やしたい」というあなたにおすすめなのが、成長ホルモン分泌促進剤です。

成長ホルモン分泌促進剤で効率良く薄毛対策を

手軽に成長ホルモンの分泌量を高められる「成長ホルモン分泌促進剤」。これにより、毛母細胞を活性化させて髪の毛を作り出すIGF-1が増えるのですが、このIGF-1は毛乳頭の血行も促す働きも。すると毛母細胞に栄養や酸素の供給が増えて、毛髪の成長にも嬉しい働きをしてくれます。成長ホルモンの分泌量を増やすことは、薄毛対策にとって効果的な治療法の一つなのです。 そんな薄毛対策に有効な成長ホルモンを、銀座HSクリニックでは舌下錠タイプの“飲む成長ホルモン”として取り扱っています。就寝前に2錠を口の中に入れ、舌の上で溶かすだけなので、取り入れやすいのもポイント。さらに、食品や医薬品への規制が厳しいアメリカにおいて、政府機関であるFDAにより、医薬品と栄養補助食品の中間に位置する「メディカルフード」と認定された成長ホルモン分泌促進剤なので、その効果はお墨付き。患者様の多くがその効果を実感しており、この飲む成長ホルモンは絶大な人気を誇っています。 あなたも加齢による薄毛悩みから脱却するために、成長ホルモンを活用してみませんか。
ページ上部に移動