薄毛治療専門医による的確な診断の薄毛・AGA治療

WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

年代別の女性薄毛の悩み

女性の薄毛

いつまでも美しい髪でありたいという願いは女性なら誰でも抱くものだと思います。 しかし、加齢とともに衰えていく肌のように、髪も衰えて美しさにかげりが出てきます。 翳りの内容は年代によって違います。 ここでは、30代から50代の女性の髪の悩みを年代別にご紹介します。

30代女性の髪の悩みとは?

髪の悩みが本格化し始める30代の女性には、例えばこんな悩みがあります。

抜け毛が多くなってきた

抜け毛の多さに驚き始めるのが大体30代からです。 入浴中に髪を洗った時、排水溝にたまった抜け毛の量を見たときに驚いて、頭皮のケアやシャンプーの見直しなどを考え始める30代の女性も多いです。

白髪が増えてきた

早い人では、20代から白髪を見つけることもありますが、一般的には30代から一本、二本とチラホラ白髪を見つけ始めて自己嫌悪に陥ることが多いです。

髪がうねる

髪のうねりに悩み始めるのは、30代からが多いです。 何度もブローしているのに、綺麗なストレートヘアにならなかったり、整髪料をしているのに髪がまとまらず、うねって広がるといった症状に悩まされることが多いです。 髪のうねりは毛穴の歪みや髪の脂質の低下によって起こります。

40代女性の髪の悩みとは?

40代からは更年期の影響も髪に出始めます。 白髪が本格的に出てくるのも40代からが多いです。

白髪がかなり増えた

40代女性の髪の悩みは、やはり白髪が一番多いのではないでしょうか。 30代にはなんとか隠せた白髪も、40代になると隠せないほど多くなる女性もいます。

髪のボリュームダウン

女性の更年期は45歳から55歳だと言われていますが、40代からは更年期によるホルモンバランスの変化の影響が髪に出始めます。 エストロゲンの減少によって髪が細くなったり生える本数が減ることで髪のボリュームダウンが目立つようになります。

頭頂部がペチャンコ

更年期の影響やストレス、悪い生活習慣の影響が髪に影響して、知らない間に頭頂部の髪が薄くなり、ペチャンコになってヘアセットが決まらないことが多くなります。

50代女性の髪の悩みとは?

50代も引き続き、更年期の影響が髪に出ることが多く、薄毛や白髪も本格化します。

白髪がさらに増えた

40代にはなんとか毛染めでごまかせた白髪も50代になるとさらに本数が増えます。

髪がパサパサになる

50代になると、髪のボリュームダウンに加えて、髪の脂質がさらに減少しパサパサになりまとまりが悪くなります。

髪のハリやコシがダウン

更年期のホルモンバランスの変化によって、髪のハリやコシがなくなり、パサつきとともにまとめにくい髪になります。

薄毛が改善されない

薄毛に気づいて色んな対策をとってみても、なかなか薄毛が改善されないのも50代の女性の悩みとなっていることが多いです。 このように女性の髪の悩みは年代によって少しずつ変化があり、それぞれに特徴を持っています。 もちろん個人差がありますが、老化に向かっていくのには違いはありません。
ページ上部に移動