薄毛治療専門医による的確な診断の薄毛・AGA治療

WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

ミノキシジルの効果と副作用

薄毛治療薬

プロペシアは、AGA治療(男性型脱毛症)の飲み薬です。 世界ではじめて、医師が処方する薄毛治療薬として発売され、現在では世界60ケ国以上で承認されています。 日本では厚生労働省の承認を経て、2005年より発売されました。

プロペシアの有効成分

古来、アメリカの先住民たちは、北米から中南米に自生する「ノコギリヤシ」の果実を乾燥させ、健康維持・精力回復の常備薬として使っていました。 このノコギリヤシの薬効成分を研究してできた化学合成品がプロペシアの有効成分である「フィナステリド」です。

フィナステリドの作用

髪の毛は「成長期」→「退行期」→「休止期」というサイクルで生え変わっていきますが、AGAが進行すると「成長期」が終わらないうちに髪の毛が抜けてしまうので、どんどん薄毛になっていきます。 しかしフィナステリドは、「成長期」を早く終わらせてしまう原因物質「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制するので、「成長期」の髪の毛が太く長く育ち、休止期の毛穴からも毛髪が成長することでAGAの改善が期待できるというわけです。

プロペシアの効果

プロペシアの国内販売にむけ、臨床試験が行われました。 プロペシア1mgを1年間投与したところ、被験者の58%に改善が認められました。 2年間投与したところ68%に改善が認められ、3年後には78%に達しました。この試験結果だけですと、プロペシアを飲んでいれば薄毛が治るように思えます。しかし、プロペシアにも長所と短所があります。 なぜ、医師がプロペシアを処方するのか?それは治療の一部として使うからこそ効果を発揮するからです。

プロペシアの留意点-飲めばいい、というわけではない-

臨床試験の結果では、最初の一年間において、約半数の人が「現状維持か、AGAは進行した」という結果になっています。 加えて、プロペシアは20~50歳の軽度・中度のAGA患者様において効果的に作用する薬なので、すべての男性に同じ効果が出るとは限りません。 また、効果が出るのに時間のかかる薬なのです。 不毛な時間を過ごしている間も薄毛は進行します。 薬のみに頼った対策に、過剰な期待はしない方が良いでしょう。 プロペシアの長所を生かし複合的な薄毛治療で、根本的な薄毛の改善をめざす。それが早期改善の近道です。
ページ上部に移動