薄毛治療専門医による的確な診断の薄毛・AGA治療

WEB予約 無料カウンセリング 電話予約

女性の薄毛・抜け毛はびまん性脱毛症?実態と治療法

女性の薄毛

突然の髪質変化や「ヘアスタイルが決まらなくなった」というようなお悩みの裏には、女性特有の薄毛『びまん性脱毛症』が関係しているかもしれません。男性の脱毛症であるAGAと異なり、その名前を聞いたことがない方も多いかもしれませんが、実は生活習慣やストレスなどの要因によって引き起こされる身近な問題だったのです。

ヘアスタイルが決まらない…その悩み、薄毛が原因かも

毎日のヘアセットや洗髪時、「髪質が昔と変わった」「ヘアスタイルをセットしにくくなった」「急に老けたように感じる」そんなお悩みを抱えているとしたら、それは薄毛や抜け毛が原因かもしれません。 薄毛や抜け毛と聞くと、男性の脱毛症であるAGAのイメージが強い方もいると思いますが、実は女性も薄毛や抜け毛になってしまいます。しかも、AGAのように「男性ホルモンの後退」などの原因が明確に分かっているのと異なり、女性の薄毛は女性ホルモンバランスの乱れや食生活、ストレスなど多くの要因が複合的に合わさって起きているものが多く、20代から進行してしまうケースも珍しくありません。 髪質が変わることと薄毛との関係性にいまいちピンと来ない方もいるかもしれませんが、薄毛や抜け毛が進行することで、生えている毛一本一本が細く痩せ細り、刺激によって毛髪が伸びてしまいます。すると、ストレートだった毛がウネウネとくせ毛のようになってしまうこともしばしば起こり得るのです。また、一本一本の髪質が細くなったり、短くなったりと変化するからこそ、今までと比べてヘアセットしにくくなったと感じることもあります。そんな一見薄毛が原因だとは気付かないところで、あなたの薄毛症状も進行してしまっているかもしれません。

女性特有の薄毛「びまん性脱毛症」は他人事ではなかった!

食生活や生活習慣などの影響も要因の一つとして、知らず知らずのうちに進んでしまう薄毛症状。髪質が変わったり、抜け毛が増えたり、コシがなくなったりする女性の薄毛の多くは、「びまん性脱毛症」と呼ばれている女性特有の薄毛である可能性が大です。 びまん性脱毛症は男性の脱毛症であるAGAの頭部や生え際が薄くなるような部分的な薄毛や抜け毛ではなく、髪全体が薄くなってしまう脱毛症です。だからこそ、初期の段階において自分で気付くのは難しく、髪のボリュームがなくなってきてから薄毛の進行に気付くケースも多いのが特徴です。 その段階にはステージⅠとステージⅡ、ステージⅢ、最終段階を合わせて8段階あり、自分で気付き始めるのは進行度合いレベル3以上が多いそう。 しかし、レベル4以降になってしまうと進行度が高く、皮膚化してしまっていると植毛という選択肢になってしまい、予算が相当かかるうえに不自然になってしまうので、できるだけ早い段階で薄毛の進行を止めてあげる治療を行うことが必要です。だからこそ、常日頃から自分の髪に注意を払って、毛髪や頭皮の変化に敏感になることが大切なのです。

実は女性にとって身近なびまん性脱毛症

気付かないうちに進みやすいびまん性脱毛症ですが、その原因は「これ!」と特定できず、大人の肌荒れのように、あらゆる要因が複合的に組み合わさって引き起こされます。 例えば、女性ホルモンバランスの乱れ。女性ホルモンの一つである「エストロゲン」は毛髪を成長させる育毛作用があり、妊娠時期に抜け毛が減りやすくなるのもこのホルモンが多く分泌されるからです。しかし、女性ホルモンバランスが崩れてしまうことでエストロゲンの分泌量が減ってしまうと、毛髪の成長にも影響が出てしまいかねません。つまり、更年期を境にしてびまん性脱毛症が目立ちやすくなるのは、この女性ホルモンの低下が関係しているのです。 また、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなる睡眠不足や、ホルモンバランスだけでなく自律神経も崩してしまいやすいストレスなどもびまん性脱毛症の要因として考えられています。 もちろん、生活習慣だけではありません。栄養不足や栄養バランスの乱れも薄毛を引き起こす要因の一つです。栄養不足になると、毛髪を作り出すことができず、成長がストップしてしまい、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。さらに毛髪に供給される栄養は、臓器などに行き渡った後に余った栄養であるため、少しでも栄養が不足すれば、真っ先に毛髪への栄養が足りなくなってしまうのです。健康的な毛髪を作るために必要な栄養素は、たんぱく質をはじめ、ビタミンB群、ビタミンE、タンパク質、亜鉛、鉄分です。だからこそ、栄養不足だけでなく、栄養バランスが偏った食生活も毛髪環境を悪化させてしまう要因になります。 そして、頭皮にトラブルを抱えていたり、頭皮環境が悪いと健康的な毛髪が育ちにくく、これもびまん性脱毛症を招く要因です。肩こりや長時間のデスクワークなどで上半身の血行が滞りがちになると、自ずと頭皮の血行も悪くなりやすくなります。血行不良を起こすと、毛髪に必要な栄養が効率よく届かなくなってしまいかねません。また、カラーリングやパーマなども頭皮にダメージを与えてしまいます。「ずっと髪を染めている」そんな方は、一度頭皮の状態をチェックするために、専門クリニックで診てもらうのが安心です。

「私は大丈夫…?」カウンセリングでチェックする女性の薄毛

食生活や生活習慣によっては、意外と身近に潜んでいるびまん性脱毛症。あなたは要因に挙げられていた食生活や生活習慣などに心当たりはありませんか? もし該当するものが一つでもあったのなら、それは要注意。ブラッシングした時に抜け毛が以上にないか確認したり、触った感覚で髪にボリュームがなくなったと感じたり、髪のハリやコシに違和感を覚えたら、早めに薄毛専門クリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。 実は「最近髪質が変わったな」と悩んでいた筆者もびまん性脱毛症患者の一人だったのですが、自分がびまん性脱毛症だと知るまで、ほんの少しも薄毛や抜け毛を疑ったことがありませんでした。銀座HSクリニックに頭皮の無料カウンセリングに行ったとき、髪質の相談をしたところ、「びまん性脱毛症の初期症状に起こりやすいのが髪質変化」だと知り驚愕したくらいです。 その後、頭皮チェックをしてもらい、マイクロスコープで詳しく毛髪の生え具合や頭皮環境を見た結果、やはりびまん性脱毛症であると分かったのです。しかも、部分によってはかなり薄毛や抜け毛が進行しており、一般的に毛穴から2〜3本生えているはずの毛髪が、生え際では1本のところがほとんどで、毛穴によっては毛髪が生えておらず、薄毛・抜け毛が進行した結果の毛が生えてこなくなった毛穴もあったほど。 そこで今の毛髪状態をキープしながら、育毛と発毛を進めていくためにはどうしたら良いかを専門のカウンセラーさんに教えていただきました。デリケートな頭皮だからこそ、自分で闇雲にケアするのではなく、きちんと正しいケア方法を知り、それを実践できる銀座HSクリニックは頼りになる薄毛専門院です。 自分では気付いていなくても着実に進行していくびまん性脱毛症。あなたの髪ももしかすると薄毛や抜け毛が進行しているかもしれません。少しでもケアが遅れてしまうと、その分だけびまん性脱毛症は進行してしまうため、「あれ?最近毛髪がおかしいな」と感じたら、なるべく早めに専門クリニックに行き、カウンセリングを受けることをおすすめします。銀座HSクリニックはカウンセリングが無料なので、気軽に行くことができ、しかも改善するためにはどういった治療が必要かなども詳しく教えてくれます。あなたも不安を抱えているのなら、今すぐ銀座HSクリニックで、ヘアの今後を相談してみませんか?
ページ上部に移動