帽子と日焼けと薄毛|AGA・薄毛治療

|||
薄毛とAGA治療ブログ帽子と日焼けと薄毛

帽子と日焼けと薄毛

院長ブログ 2012年11月9日

こんにちは、銀座HSクリニック 院長の北嶋です。 今回は患者様からよく聞かれる、帽子についての質問を取り上げたいと思います。 なんとなく、帽子は薄毛と関連性がある…というイメージをお持ちの方も いらっしゃるのではないでしょうか。

まず、「帽子をかぶって蒸れると薄毛になるのか」という質問がよくあります。 蒸れて湿疹ができるぐらいにひどくなれば薄毛の原因になることも あるでしょうが、一般的には関係ありません。

いっぽうで、「日焼けすると薄毛になるのか」という質問もあります。 皮膚が赤くなるぐらいの日焼けは、一時的な抜け毛の原因になる可能性はあります。

また皮膚が赤くならない程度であっても日焼けが長年続くと、 皮膚の細胞の老化が進み、長期的に抜け毛の原因になり得ます。

日傘を使用している女性を街でよく見かけますが、 数十年後には毛髪の維持量に差が出るでしょうね。

男性の薄毛に関してはホルモンの影響が大きいので 日焼け対策だけで抜け毛を予防することは難しいですが、 紫外線による頭皮へのダメージを防ぐ対策として、 上記のことを踏まえ、帽子は有効に使っていただければと思います。

ではまた次回。