栄養素|AGA・薄毛治療

|||
薄毛とAGA治療ブログ栄養素

栄養素

院長ブログ 2016年9月15日
こんにちは、銀座HSクリニック院長の北嶋です。 9月に入り、2016年も残すところ約4ヶ月を切りました。 早いものですね。 あっという間に年末!!なんてことになってしまわないように、 今のうちからやるべきことはどんどんクリアにしていきましょう。 さて本日は、栄養素についてお話したいと思います。 普段、みなさんが取り入れている食品/食材には、 ビタミンやカルシウム、鉄分など様々な栄養素が含まれています。 中でも、薄毛でお悩みの方にお勧めの栄養素には、 亜鉛/タンパク質/ミネラルなどが挙げられます。 では、具体的にどのような食品が挙げられるでしょうか? 【 亜鉛 】 ・・・・・ 生ガキ・豚レバー・牛肩ロース・煮干し・ビーフジャーキーなど 【 タンパク質 】 動物性タンパク質 ・・・ 卵や牛乳・肉などが挙げられますが、脂質の摂りすぎは              毛穴の詰まりに繋がってしまう為、脂質の少ない鶏肉な              どがおすすめ。              また、これからが旬のサンマにも多く含まれています。 植物性タンパク質 ・・・ 植物から摂れるたんぱく質。イソフラボンを多く含む              納豆などの大豆やピスタチオ、 アーモンドなどに              多く含まれています。 【 ミネラル 】 ・・・ 主にサクラエビや焼き海苔、ワカメに多く含まれる              必要不可欠な栄養素。              (カルシウム・マグネシウム/ヨウ素・カリウムなど) どの食品もとても身近な食材なので、 バランスよく様々なメニューに取り入れたいところですね。 また、特に気を付けたいのが過剰摂取です。 亜鉛が多く含まれるレバーは、鉄分やビタミンがとても豊富です。 しかし、レバーに含まれるビタミンは、脂溶性のビタミンの為体内に 蓄積されやすく、過剰に摂取してしまうと吐き気や頭痛、 関節痛・・・中には痛風といった症状を引き起こすこともあるようです。 いくら栄養豊富だからと言って、大量に摂取することはとても危険なのです。 食品から摂る栄養が髪にまで行き渡るのは、ごくごくわずか。 薄毛を改善する!といった特定の食品はありませんが、 脂質や糖質の過剰摂取は避け、いつもの食事にたんぱく質、 亜鉛・ミネラルなど、髪をつくる素になる栄養素を積極的に摂り入れ、 食生活を見直してみましょう。 ではまた次回。